スマホの画面が固まったときの解決法

こんにちは、巣鴨店の塚本です。
スマホを使っていると、いろいろなトラブルが発生します。
その中でも、画面が固まって動かなくなる現象は、皆さん一度はあるのではないでしょうか。

今回は、スマホが「フリーズ」したときに、やるべき2つの対処法をご紹介いたします。

「固まる」とはどういう状態?

例えば、YouTubeで動画を見ているときやLINEで楽しくやりとりしているときに、突然スマホの画面が動かなくなってしまうことはありませんか?

このように、スマホを操作していて、うんともすんともいわない状態を「フリーズ」といいます。

余談ですが、日常会話でも、話の流れで固まってしまった状態を「フリーズしたわ」と例えたりします(笑)

突然、スマホが動かなくなると、どうしたらいいのかわからず、また何度もフリーズを繰り返していると、心配になることでしょう。

そこで今回は、スマホがフリーズしてしまったときに、やるべき対処とフリーズを防ぐ対策を紹介します。(※Androidの対処法)

解決その1:アプリを終了させる

スマホを使用中に、たくさんのアプリを起動していると、画面が動かなくなってしまうことがあります。

これはいろいろなプログラムが、並行して動いているために、機械の処理が追いつかなくなっています。

「ちょっと待ってよ!そんなにいっぱい同時進行できないよ!」と、スマホがSOSをあげている状態です。

そこで、動いているアプリを強制的に終了してあげましょう。
すると、たいていのスマホは、また動くようになるはずです。

ここからは「端末の操作ができる場合」と「端末の操作ができない場合」に分けて、対処方法をご紹介いたします。

端末の操作ができる場合


スマホがフリーズしてしまったら、画面下部にある「△・〇・□」などのボタンを押してみてください。

画面がひとつ前に戻ったり、ホーム画面が表示されたりと、何らかの反応があるようであれば、フリーズした原因は、「アプリの一時的な動作不良である可能性が高い」といえます。


△・〇・□ いづれかのボタンをタップしてみる

この場合は、下記の手順でアプリを終了させてみてください。

画面下部にある「アプリ使用履歴キー(右下の□マーク)」を押すと、最近使用したアプリの履歴を一覧で確認することができます。

アプリ履歴を確認

このような一覧画面が開いたら、各アプリの「×」マークを押すか、左右どちらかにスワイプ(指で画面をなぞる)とアプリが終了します。

使わないアプリを終了させる

これで、完了です。

端末の操作ができない場合


画面をスワイプ(指でなぞる)したり、「△・〇・□」ボタンのいずれかを押してもまったく反応しない場合は、いったん電源を切ってみましょう。

まずは、電源ボタンをぐーっと2秒ほど長押しし、もう一度電源を入れます。

この方法は、強制的に電源を終了させて、再起動をかける手順となるので、保存されていないデータは消えてしまうので、ご注意ください!

電源の入れ直しができない、電源の入れ直しをしても症状が改善されなかった場合は、次の対処方法を試してみてください。

電池パックの脱着

電池パックを脱着させることで、強制終了することができます。
※ただし、スマホの本体に電池パックが内蔵されている機種では試すことができません。

スマホの背面部分全体を覆っているカバーを、ぱかっと開けます。

背面のカバーをはずす
電池パックをはずす

時間をおいてからもう一度電池パックを取り付け、電源を入れます。

上記の方法をとっていただくと、大半の方はフリーズ状態を解消できると思います。

フリーズしないために気をつけること

また今後フリーズしないようにするには、次の点に気を付けてみてください。

  • 使っていないアプリを削除する
  • アプリのキャッシュをクリアする
  • いらない画像や動画データを削除、または、SDカードへ移す

スマホ本体に、たくさんのデータを持っているほど、動作が遅くなり、動かなくなってしまうことがあります。

そこで定期的に中身の空き容量を確保して、いつでもすっきりした状態を保つことをおすすめします。

最後に、上記の手順を踏んでも解消されなかった場合は、スマホそのものの不具合や故障している可能性があります。

店頭でも、スマホの状態を確認できますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね!

お気軽に
お問い合わせください

【全店共通】
03-6447-7852

(受付時間:平日10時~18時)

2+