スマコン通信 2019年9月号【WEB版】

スマートフォンに関する時事ネタや教室の出来事をコラム形式でお届けします。

楽天が携帯キャリアに参入するかと思いきや

10月1日、インターネット通販で有名な「楽天」が携帯キャリアに参入する

・・・予定でした。

が、 来春頃を予定と発表

かねてから「準備が遅れているのでは・・・」とほうぼうで噂されていましたが、やはり実際に基地局設備の準備に大きな遅れが出ていたようです。

到底通信インフラとして真っ当なサービスを提供できないとの判断から、結局10月時点では、5000人限定で無料通信サービスを提供することになったようです。

果たしてどうなっていくのでしょうか。

ソフトバンクが「違約金」廃止を発表!

2019年10月1日より、更新月以外に通信契約を解約するとかかる「解約違約金」に1,000円という上限が課されます。

これまでは、どのキャリアも大体10,000円程度の解約違約金が設定されており、キャリアの乗り換えを妨げる大きな要因となっていましたが、これで、更新月以外でも身軽に乗り換えることができるようになります

これに先駆けて、KDDIからは違約金をこの上限1,000円に合わせたプランが発表、さらにそれに続いてソフトバンクからは違約金を潔く「撤廃」したプランが発表されました。
ソフトバンクの格安ブランドに当たる「ワイモバイル」でも実施されるとのことです。

「その分、月額料金が高くなってしまうのでは?」という懸念もありましたが、今のところそういった値上げはなさそうです。

9/20 新型iPhone発売予定

なんだかんだで新型が発売されるたびに世間を大いに賑わせるAppleのiPhone。
いち早く手に入れるため、徹夜でショップに並ぶ行列が名物になっています。

iPhoneは、毎年9月に新型が発売されるというのが恒例になっており、今年も例年通りの時期に発表となりました。

実際に発売になるのは9月20日予定です。

発表されたのは、3モデル
・iPhone11:通常版。
・iPhone11 pro:「pro」とつくモデルは、通常版の上位版という位置付け
・iPhone11 pro Max
iPhone11 proとは、画面のサイズが異なり、Maxは6.5インチというとても大きな画面を搭載

▶商品詳細はApple公式HP

特記事項としては、何といってもカメラです。
最近のスマホは高品質な画質を得るため、レンズを二つ搭載する機種が増えていましたが、「pro」モデルではついにレンズが3つになりました。
これにより今まで以上に綺麗な写真が撮影できます。

InstagramなどのSNSの流行で、スマホカメラの高性能化の流れはもうしばらく続きそうです。

新型iPhoneについては事前に多くの情報が出回ってしまっており、今回は大方その予測通りのモデルが発表されました。

3眼カメラしかり、このところ機能面ではAndroid端末の後追いであることも多く、残念ながら今回も大きなサプライズはなかった感じが否めません。

日本人はiPhoneが大好き!?

世界での利用比率を見てみると、
iPhoneが20~30%、70%程度がAndroidとなっており、iPhoneよりもAndroidの方が利用人口が多くなっています。
特に途上国においては、安価なAndroidが圧倒的なシェアを獲得する傾向にあります。

ところが日本だけで見てみると、なんとシェア率が逆転します。
iPhoneが78%、Androidが22%となり、世界一のiPhone利用率といわれるわけです。
日本人はなぜかとってもiPhoneが大好きなんですね。

アウンコンサルティング調べ

近頃はAndroid端末もどんどん高性能になってきて、今や性能的にはiPhoneを上回る端末もゴロゴロあります。
価格面でも、同等レベルの性能であれば、断然Androidのほうが安いので、もはや「どうしてもiPhoneじゃなきゃダメだ!!」という理由はあまり見当たらないようにも思えます。

もともと、Apple社はブランド力の高い会社ではありますが、日本でこれだけiPhone利用者が増えたのは、ソフトバンクが国内で先駆けてiPhoneを一気に販売したことやキャリアの端末割引によりiPhoneが比較的安価に手に入ったことが大きな要因の一つのようです。

おすすめスマホ周辺機器【Bluetoothイヤホン】

最近、急激に街中で見かけなくなったものがあります。

「コード付きのイヤホン」です。

少し前まではみんな白い線を耳からぶら下げていたのに、今やほとんど見かけなくなりました。

スマホの新製品も、本体が薄くなるにつれイヤホンコードを差し込むための穴を廃止せざるを得なかったりと、コード付きのイヤホンに対応するスマホ自体が少なくなってきています。

では、どうやって音楽を聴いたり動画を視聴したりしているのかというと「Bluetoothイヤホン」です。


街でよく見かけるワイヤレスイヤホン
※画像は、Apple HPより

ワイアレスイヤホンともいいますが、Bluetoothでスマホと接続するためコードがありません

接続も非常に簡単で、一度接続してしまえば、以降は利用時に勝手にスマホと接続されます。 (wi-fiと似ていますね!)

実際に使ってみると、コードから解放されることの快適さに感動しますよ!
耳から落っことしてしまわないかちょっと心配にはなりますが(笑)

こうした音響分野は、ソニーがかなりがんばっています。

特に、最近発売された高性能イヤホンは、周囲の雑音を消し去ってくれる機能(ノイズキャンセリング性能)が業界最高クラスで、激売れ品薄状態になっています。

人気爆発中ソニーのイヤホン
※画像は、ソニーHPより

Appleやソニーのイヤホンとなると2万円以上と流石に高価格ですが、amazonを探してみると、3000円前後から購入できるものもあります。
聞いたことのない怪しげなメーカーばかりで、なかなか選びづらいとは思いますが、「Anker」というメーカーは高品質、リーズナブルな製品が多いことで知られ、イヤホンでも利用者が多いのでオススメです。

★こちらの記事も合わせてどうぞ
Bluetooth(ブルートゥース)がつながらないときに確認すること【iPhone/Android】

※こちらはWEB版となります。
各店舗では、「スマコン通信」冊子を配布しておりますので、お近くにお寄りの際は、ぜひお声がけください!

ただいま、「スマホのメンテナンス(無料)」実施中!

「安全」「快適」「お得」に使うために、3か月に1回、スマホのメンテナンスが必要です。

店頭にて、メンテナンスチェックをいたします。

お気軽にお問い合わせください!

【全店共通】
03-6447-7852

(受付時間:平日10時~18時)

6+