今更聞けない各アイコンの意味と各スマホ用語の意味~アイコンの意味とスマホ用語について丁寧に解説!~

今回は、意外と「アイコンの意味」や「スマホの用語」について、まとめて説明している情報が少なかった点と一覧が欲しいという要望も多かったので、その部分をまとめてご説明致します。

「アイコン」とは、その内容を簡単な絵で表現したもので、一目でわかりやすく描いたものになります。

直感的に分かるものや認識のずれなく想像できることが重要になります。

スマホやパソコンにもたくさんのアイコンが使われています。

今回ご説明するアイコンの意味が分からないと操作を覚える点でも障害になりますので、是非覚えるようにしましょう。

<講座内容>
1. 各アイコンの意味
2. スマホ用語の各意味

詳しくは、下記の動画ご参照ください。(講義動画時間:9分48秒)


今回は、「今更聞けない各アイコンの意味と各スマホ用語の意味~アイコンの意味とスマホ用語について丁寧に解説!~」についてご説明致します。

【目次】
1.各アイコンの意味
2.スマホ用語の各意味

1. 各アイコンの意味

こちらに表示されている「アイコン」は、スマホを使っていくとよく目にする「アイコン」になりますので、是非意味を覚えておきましょう。

「ホームアイコン」とは、「最初の画面に戻る」際にタップするボタンになります。

「🔍(虫眼鏡)」のアイコンは、「検索する」際にタップするボタンになります。

「🎤(マイク)」のアイコンは、「音声入力を開始する」際にタップするボタンになります。

「三本線」や「三つの点」のアイコンは、「メニューボタンを表示する」際にタップするボタンになります。

「扇型」のアイコンは、「Wi-Fi(ワイファイ)に接続している」際に表示されるマークになります。

「Bluetooth(ブルートゥース)」のアイコンは独特ですが、「Bluetooth(ブルートゥース)に接続している」際に表示されるマークになります。

「飛行機」のマークは、「機内モードになっている」際に表示されるマークになります。

「電話が揺れているマーク」は、「マナーモードになっている」際に表示されるマークになります。

アイコンの意味:ホームアイコン・(Wi-Fi)ワイファイアイコン・検索アイコン(虫眼鏡)・音声入力アイコン(マイク)・Bluetooth(ブルートゥース)アイコン・機内モードアイコン・メニューアイコン・バイブレーションアイコン

こちらに表示されている「4種類のアイコン」も、スマホを使う上ではよく目にする「アイコン」ですので、是非意味を覚えておきましょう。

「ダウンロード」の「アイコン(ボタン)」は、独特な形をしていますが、写真などを「ダウンロードする」際によく使いますので、覚えておきましょう。

「シェア(共有)」の「アイコン(ボタン)」は、「写真の共有」や「インターネット上で見た情報」を「シュートメッセージ(SMS)」「メール(E-mail)」「LINE(ライン)」等を使って他の方に「共有する」際によく利用しますので、こちらも覚えておきましょう。

また、利用するサービスによって、形が異なりますので、できればすべての形を覚えておきましょう。

「設定」の「アイコン(ボタン)」は、「端末の設定」や「各サービスの設定を確認する」際に利用しますので、「⚙(歯車)」の形をしているということを覚えておきましょう。

最後に、比較的よくつかわれるアイコンで、最初に戸惑いやすいのが、「紙飛行機」のアイコンになります。

こちらは「送信ボタン」になります。

「紙飛行機を相手に向けて飛ばす」という意味で、「送信ボタン」になっています。

「メール(E-mail)」「ショートメッセージ(SMS)」「LINE(ライン)」の「メッセージを送る」際にタップするボタンになります。

アイコンの意味:ダウンロードアイコン・送信アイコン・共有アイコン・設定アイコン

2. スマホ用語の各意味

こちらでは、スマホを使う際によく使われる「言葉」や「単語」についてご説明致します。

「OS(オーエス)」とは、「オペレーティングシステム」の略で、スマホ自体を動かすプログラムになります。

スマホには、「Google(グーグル)」社の「Android OS(アンドロイドオーエス)と「Apple(アップル)」社の「iPhone(アイフォン)/iPad(アイパッド)等のiOS(アイオーエス)」の二種類があります。

「アプリ」は、サービスを動かす「ソフト(アプリケーションソフト)」になります。

簡単なイメージでは、リモコンのボタンのようにサービスを立ち上げるためにタップするものになります。

「Play(プレイ)ストア」は、「アプリを入手・管理」するアプリになります。

「iPhone(アイフォン)」では、「App Store(アプリストア)」が、「Play(プレイ)ストア」と同じ役割を果たします。

「OS(オーエス)の更新」を「アップデート」といいます。

新機能の追加や不具合の改善が行われた時に、自分の端末も同じように更新する必要があります。

「OS(オーエス)の更新」と「アプリの更新」の二つがありますので、区別して理解するようにしましょう。

スマホ用語:OS(オーエス)・アプリ・アイコン・プレイストア・App Store・OSの更新・アプリの更新

「ロック画面」は、「端末の電源を押した」際に立ち上がる画面で、基本的には「パスワード」や「指紋認証」などが求められます。

「ホーム画面」は。「ロック画面」を解除した際に最初に出てくる画面になります。

「戻るキー(△ボタン)」:「一つ前の操作に戻る」ボタンになります。

「ホーム(〇ボタン)」:「ホーム画面に戻る」ボタンになります。

「履歴キー(□ボタン)」:「アプリの切り替え」などを行う際に押すボタンになります。

「ステータスバー」は、画面の一番上に出てくるバーで、「電波の状態」「時刻」「電池残量」などが表示されています。

「通知パネル」は、「ステータスバー」を「下にスライド」すると出てくる「通知」などを見る画面になります。

「アプリアイコンバッチ」は、アプリアイコンの右上に表示される数字や〇のことで、そのアプリに関連した重要な情報があることを意味しています。

スマホ用語:ロック画面・ホーム画面・戻るキー・ホームキー・履歴キー・ステータスバー・通知パネル・アプリアイコンバッチ

「キャリア」は、ドコモ等の「通信業者」を指します。

「3G(スリージー)」「 LTE(エルティーイー)/4G(フォージ)」「5G(府ファイブジー)」などは「携帯回線」を指します。

数字が多いほど、大きな情報を受送信できることを意味しています。

「アカウント」は、いろいろなサービスを利用するために自分自身を特定するための「会員証」になります。

「ユーザーID」は個人を特定するための「符号」になります。

銀行の口座番号に近い意味合いになります。

「パスワード」は、自分のアカウントにログインするための「暗証番号」になります。

「ログイン(サインイン)」は、自分のアカウントにアクセスすることを意味します。

基本的には、「ユーザーID」と「そのパスワード」が一致することで、「ログイン(サインイン)」することができます。

スマホ用語:キャリア・3G/LTE/4G/5G・アカウント・ユーザID・パスワード・ログイン(サインイン)

「ストレージ」は、「スマホの記憶領域(保存する場所)」になります。

「アプリ」「OS(オーエス):端末を動かすプログラム」「写真」等を保存する場所になります。

「バックアップ」は、スマホの重要なデータを「別の場所に保存」しておくことを意味しています。

「SMS(エスエムエス)は「ショートメッセージサービス」と呼ばれるサービスで、「携帯番号」を利用してメッセージを送ることができます。

(一般的に、1通3円かかり、全角で70文字までのメッセージを送ることができます。)

「Eメール(電子メール)」は、「キャリアメール」や「Gmail(ジーメール)」を指し、「インタネット回線(モバイル通信回線も含む)」を通して、メッセージ等を送るサービスになります。

「SMS(エスエムエス)認証」とは、「本人確認」として「携帯番号」に「ワンタイムパス」という「パスワード」を送り、「認証」することを意味します。

「ブラウザ」は、インタネット上にあるサイトを閲覧するための「アプリケーション(ソフト)」になります。

「Google Chrome(グーグルクローム)」や「Safari(サファリ)」がスマホでは有名な「ブラウザアプリ」になります。

パソコンでは、「MicroSoft Edge(マイクロソフトエッジ):昔のIE(インタネットエクスプローラー)」が有名な「ブラウザ」になります。

「URL(ユーアールエル)」は、インターネット上の「アドレス(住所)」になります。

そのサイトにアクセスするために必要な情報になります。

以上で、スマホ用語集についての説明を終了致します。 

今回説明を致しました「アイコン」「言葉」「単語」を覚えておくと、更にスマホについての理解が深まります。

少しずつ覚えていきましょう。

スマホ用語:ストレージ・バックアップ・SMS(ショートメッセージ)・Eメール・SMS認証・ブラウザ・URL

<指導実績>
三越伊勢丹(社員向け)・JTB(大説明会)・東急不動産(グランクレール)・第一生命(お客様向け)・包括支援センター(お客様向け)・ロータリークラブ(お客様向け)・永楽倶楽部(会員様向け)等でセミナー・講義指導を実施。
累計30,000人以上を指導 。
<講義動画作成ポイント>
個別指導・集団講座での指導実績を元に、わかりやすさに重点を置いた動画作成

その他の講義動画は下記の一覧をご参照ください。


<その他>
オンラインサポート(ライブ講座・ZOOM等でのオンライン指導)とオフラインサポート(出張指導・セミナー形式のオフライン指導)も実施中。詳しくはメールにてお問い合わせください。

(受付時間:平日10時~18時)

【全店共通】
03-5324-2664

+1